title_image
トップ 会社概要 Dブログ botan_grinding お問い合わせ

Plating Foundry めっき受託加工


めっき〜CMP一貫受託加工

近年の様々なデバイス試作においてプロセスアウトソーシングは欠かせない手段となってきました。

D-processでは、2003年よりCMP受託加工を開始しましたが、その後接合受託加工〜めっき受託加工まで受託の範囲を広げてきております。

プロセスを一貫してお引き受けさせていただくことには、お客様にもD-processにもたくさんのメリットがございます。

従来、単プロセスごとに異なるファンダリー業者へアウトソーシングすることは、試作が万が一失敗した時にも試作の責任の所在が不明になること。

D-processではプロセスを一貫してお引き受けしているので万が一の際のリカバリー対応にも柔軟です。

また、全プロセスを受託することで各プロセスの技量も高まりやすく連鎖するプロセスの完成度をさらに高めることに成功しております。

例えば、CMPと接合プロセスはとても密生つな関係があり、CMPの精度自体が接合プロセスの成功を左右いたします。

逆に言うと、CMPの技術を保有していないと接合の受託加工はビジネス化できないと言えます。

めっき受託加工を例に挙げても、TSVやダマシンプロセスのようにメッキを必要とするデバイス試作にはCMP技術は必須であり、メッキ受託加工とCMP受託加工を一貫してお引き受けする必要がございます。

どのようにめっきをすれば高品位な配線やプラグを形成できるか?
それは全プロセスを一貫してD-processがお引き受けさせていただくことで完成させます。